一重の人におすすめしたい自信を取り戻す方法

基本的な知識

医者と看護師

メリットと注意点

二重整形の方法には、主に埋没法と切開法の2つがありますが、それぞれに異なるメリットがあるのでまずはそのことについて知っておきましょう。埋没法は、まぶたに糸を通して希望する形をつくる方法で、メスを使わないことが大きな特徴だと言えます。この手術方法のメリットは、何と言っても「費用が安く済む」ということであり、数万円程度の費用で手術を受けることが可能です。そして、メスを使わないため「気軽に手術を受けることができる」ということも大きな魅力になっていると言えます。手術時間は10〜20分程度と短時間で済みますし、手術後の腫れも少ないので、翌日から洗顔やメイクをすることもできます。さらに埋没法は、糸を通すだけの手術であるため、「気に食わなければ元に戻すこともできる」というメリットもあると言えるでしょう。一方の切開法は、文字通りメスでまぶたを切開することで二重の形をつくるという方法になります。切開法のメリットは、「しっかりとした形をつくることができる」ということであり、より理想的な形にすることができます。先ほど紹介した埋没法は、気軽に受けることができることからプチ整形とも呼ばれますが、切開法はより本格的な方法になると言えるでしょう。そして、一度手術をすると「半永久的に状態を維持できる」ということも切開法の重要なメリットです。手術をしなくても、専用のアイテムを使えば一時的に二重の状態にすることはできますが、切開法ならそうした手間をかけることなく状態を維持することができます。

埋没法と切開法にはそれぞれにメリットがありますが、手術方法を選ぶ際や手術を受ける際に注意しておきたいこともあります。まず埋没法の注意点としては、「糸が取れて元の一重の状態に戻ることがある」ということが挙げられます。埋没法は、まぶたに糸を通すだけで二重をつくる整形手術なので、その糸が緩んだり取れたりすると元に戻ってしまうのです。しかし逆に考えると、気に入らなければ元に戻したりやり直しができるということでもあるため、一概にデメリットだとも言えないでしょう。ただし何度もやり直しをおこなうと、当然のことながらまぶたに負担がかかってしまうので、その回数には限度があるということにも注意しておく必要があります。また、最近は医療技術の発達によって糸が取れにくい手術方法も開発されているため、気になる場合はそちらもチェックしてみるとよいでしょう。一方の切開法の注意点は、「費用が高くなってしまう」ということであり、10〜40万円程度かかるのが相場だと言われています。そもそも整形手術は保険が適用されないため費用が高額になる傾向にあるのですが、キレイな二重を半永久的に維持できるメリットも大きいということも考慮して決めるとよいでしょう。そして切開法は、埋没法と違って、基本的には「元に戻せない」ということも注意点として挙げられます。ですので初心者の場合は、高額で本格的な手術方法である切開法をいきなり受けるのは避けたほうがよいと言えます。初心者なら、まずは埋没法を試してみて、それで物足りない場合に切開法を選ぶというステップを踏んでいくほうが賢明でしょう。